鈴木行政書士事務所

遺言書を作るには

公正証書遺言

公正証書遺言とは、公証人によって作成される遺言書のことです。公証人というのは、公証役場というところで私的な文書の認証などを行う職業の人のことです。遺言書作成のプロに依頼するわけですから、方式の誤りなどで無効になってしまうことはまずないでしょう。
遺言書の原本は公証人が保管してくれますので、なくなってしまうこともないし、誰かによって書き換えられたりすることもありません。

公正証書遺言を作成する場合は、遺言する人が公正役場へ行くか、あるいはもしも病気などで行けない場合は、自宅や病院などに公証人に来てもらって作成します。遺言書の内容を公証人に伝え、公証人が遺言書を作成します。
何らかの障害によって自分で筆記出来ない場合でも構いませんし、言葉が話せない場合でも意思を伝えることさえできればOKです。

難点は、公証人の他に証人2人の立会が必要で、これらの人たちに遺言書の内容を聞かれてしまうことです。それが嫌でしたら、次の秘密証書遺言という方式をとることになります。

前のページへ  次のページへ
文字の大きさ
  普通  大きめ



 
サイトポリシー | 特定商取引法に基づく表示   
鈴木行政書士事務所
東京都千代田区紀尾井町3-33 TEL 03(5215)3432
Copyrights © office-suzuki.biz. All rights reserved.