鈴木行政書士事務所

遺言書を作るには

遺言書の内容

遺言書の内容は原則的に何を書いても構いませんが、あまりごちゃごちゃと不要なことを書くと、本当に必要な事柄について誤解されてしまう可能性もあります。家族に対して言葉を残す場合でも、財産の分与方法という本当に必要な部分とは別にして、内容が明確になるようにします。

不動産、預貯金、株式、自動車などの記載は誰が読んでも明確に分かる必要があります。とくに不動産の記載は間違えやすいので、不動産登記簿謄本の記載通りに書いておくべきです。不動産の場合、登記簿謄本には次のように記載されています。

土地
  所在 ○○県○○市○○町
  地番 ○番○
  地目 宅地
  地積 ○○.○○平方メートル

建物
  所在 ○○県○○市○○町○番地○
  家屋番号 ○番○
  種類 居宅
  構造 木造瓦葺2階建
  床面積 1階 ○○.○○平方メートル
       2階 ○○.○○平方メートル

「所在」というのは一見すると住所と同じようですが、多くの場合、住所とは微妙に異なります。異なっていると、不動産登記申請が受け付けられません。登記簿謄本か権利証を見ながら正確に記載してください。

前のページへ  次のページへ
文字の大きさ
  普通  大きめ



 
サイトポリシー | 特定商取引法に基づく表示   
鈴木行政書士事務所
東京都千代田区紀尾井町3-33 TEL 03(5215)3432
Copyrights © office-suzuki.biz. All rights reserved.