鈴木行政書士事務所

行政書士って何する人

事実証明に関する書類の作成

「事実証明に関する書類」とはちょっと分かりにくい言葉ですが、そういう事実があったということを記載した書類を作成するように、 法律に定められている書類のことです。

たとえば定款という書類があります。これは会社を作るときに必ず作成しなければならない書類です。会社を設立した後もいろいろな場面で定款は必要になります。 行政書士は、この定款の認証手続の代理申請を行います。
定款の認証とは、定款作成後、公証役場で公証人が行う手続きのことであり、認証をしてもらって始めて定款は有効な書類になります。
この定款の認証には、印紙税が4万円かかります。ですが、電子認証という手続きにすれば、その4万円が不要になります。電子認証を行える行政書士にこの手続きを依頼すれば、会社設立の費用が安くなるわけです。

また株主総会議事録取締役会議事録も会社に備えておかなければいけない書類です。事業をやっている人は会計記帳が義務ですし、労働者を雇う際には就業規則が必須です。
これらの書類も行政書士が作成することができます。
(ただし、従業員が10人以上の会社の場合は、就業規則については社会保険労務士の独占業務だと解されています。)

前のページへ  次のページへ

/ / / / / / /

文字の大きさ
  普通  大きめ



 
サイトポリシー | 特定商取引法に基づく表示   
鈴木行政書士事務所 (東京都行政書士会千代田支部所属)
東京都千代田区紀尾井町3-33 TEL 03(5215)3432
Copyrights © office-suzuki.biz. All rights reserved.