鈴木行政書士事務所

行政書士って何する人

1.行政書士の仕事は分かりにくい

役所に提出する許認可申請書類等の作成・提出手続の代理
遺言書や各種契約書等の権利義務に関する書類の作成
定款や議事録等の事実証明に関する書類の作成

主に上記の仕事をする職業のことです。これでお分かりになったのならもう以下を読む必要はありません。でも分かったようで 分かりにくいのが行政書士の仕事です。

役所に提出する書類って具体的にどんなもの?
遺言書や契約書の作成って弁護士みたいな仕事だけど、弁護士に頼むのとどこが違うの? 

○○士と名前のつく職業といえば、まず弁護士を思い浮かべるでしょうか。それから、似たようなイメージの職業としては、司法書士、社会保険労務士、 土地家屋調査士、税理士、弁理士など様々なものがあります。これらはいわゆる士業(さむらいぎょう)と呼ばれるものです。
弁護士などはテレビでも「弁護士○○の事件簿」のようなドラマがよく放映されていますから、おそらく誰でもその仕事内容は知っているでしょう。
まあ、テレビドラマのような仕事をしている弁護士が実際には日本にどれぐらいいるかはともかくとして一番理解されているだろう職業でしょう。 税理士もおそらくその名前から推測がつく職業だと思います。

それ以外の士業となると、聞いたことはあっても、どんな仕事をしているのか詳しくは知らないという人がほとんどだと思います。普通に生活していれば、 これらの職業の人に直接自分が仕事を依頼するということはほとんどないでしょうから無理もないことです。
しかし会社に勤めている人にとっては会社がお願いしている社労士や税理士がいるでしょうし、家を買うときは司法書士にお願いすることになる でしょうし、機会は少なくとも、直接間接に士業の人と接しているはずです。

そんな士業の中でも、とりわけ分かりにくいのが行政書士という職業だと思います。最近、「カバチタレ」という行政書士を主人公にした マンガが人気です。この中で行政書士の主人公たちは、依頼者の相談を受けて、その相手方の会社や個人に対して内容証明を送りつけ交渉をし、 事件を解決していきます。ちょっと読むと、法廷の場面が出てこない以外は弁護士と大差ない仕事をしているようです。

すると行政書士ってのは弁護士と同じようなことをしているの? と思われた方。たしかに似たようなこともしているのですが、行政書士が「カバチタレ」 に出てくるようなことをするには、まず守らなければならない大前提があるのです。それは何か? ちょっと堅苦しいですが、行政書士法を 見てみましょう。

  

次のページへ

/ / / / / / /

文字の大きさ
  普通  大きめ



 
サイトポリシー | 特定商取引法に基づく表示   
鈴木行政書士事務所 (東京都行政書士会千代田支部所属)
東京都千代田区紀尾井町3-33 TEL 03(5215)3432
Copyrights © office-suzuki.biz. All rights reserved.