鈴木行政書士事務所

相続が起きたら

相続人の調査

相続人の調査というのは簡単なようで難しいことが多いものです。普通は自分の血のつながった親戚は知っていますよね。会ったこともないという親戚もいるかもしれませんが、それでも名前と存在くらいは知っているでしょう。そういう場合は簡単です。

しかし相続人が兄弟に及び、兄弟にも代襲相続があったりすると、全然知らない人が相続人になっていたりします。あるいは調べてみたら自分の知らない兄弟がいた・・なんてこともないとは限りません。

相続人は戸籍謄本で調べます。例えば自分の親が亡くなったとすると次のような手順になります。

まず親と自分の戸籍謄本をとります。自分が結婚していれば親と自分の戸籍は違っていますから、どちらも必要になります。不動産登記などに使うのであれば、その際「戸籍の付票」という住民票のようなものがありますので、それも取っておいたほうがいいでしょう。

そしてここからが少し難しくなるのですが、親が生まれたときから亡くなるまでの全ての戸籍謄本を取らなくてはいけないのです。戸籍というのは本籍がある市区町村役場に申請しなくてはいけません。遠方の場合は郵送で取り寄せることもできますので、詳しくは該当の役所で聞いてみてください。

前のページへ  次のページへ

相続 / 内容証明 / 会社設立 / 古物商許可 / 遺言書作成 / 供託 / 自己破産
行政書士の仕事 / 行政書士への依頼 / 行政書士試験

文字の大きさ
  普通  大きめ



 
サイトポリシー | 特定商取引法に基づく表示   
鈴木行政書士事務所 (東京都行政書士会千代田支部所属)
東京都千代田区紀尾井町3-33 TEL 03(5215)3432
Copyrights © office-suzuki.biz. All rights reserved.