鈴木行政書士事務所

相続が起きたら

相続人

相続に関する事項は民法に規定されています。
まず相続順位は配偶者が最優先です。配偶者は常に相続人になります。
次に 
(1)子供
(2)親
(3)兄弟
という順番になります。

つまり、配偶者がいるときは常に配偶者が相続人になり、さらに子供がいるときは配偶者と子供が相続人になります。子供がいないときは、配偶者と親。親がいないときは、配偶者と兄弟が相続人になります。

相続人
相続分
配偶者 と 子供 配偶者 1/2    子供 1/2 (複数の場合は頭数で割る)
配偶者 と 親 配偶者 2/3   親 1/3 ( 〃 )
配偶者 と 兄弟 配偶者 3/4    兄弟 1/4 ( 〃 )

 

以上が相続順位の大原則です。これに代襲相続という制度が加わって、相続順位は少し複雑になります。
代襲相続とは、子供が親より先に亡くなっている場合、その子供の子供、つまり孫が代わりに相続人になるという制度です。

その他、相続の放棄、相続欠格などがあると相続人、相続分が変化します。そのような場合は相続調査は複雑になりますので、お気軽に行政書士にご相談ください。

前のページへ  次のページへ

相続 / 内容証明 / 会社設立 / 古物商許可 / 遺言書作成 / 供託 / 自己破産
行政書士の仕事 / 行政書士への依頼 / 行政書士試験

文字の大きさ
  普通  大きめ



 
サイトポリシー | 特定商取引法に基づく表示   
鈴木行政書士事務所 (東京都行政書士会千代田支部所属)
東京都千代田区紀尾井町3-33 TEL 03(5215)3432
Copyrights © office-suzuki.biz. All rights reserved.