鈴木行政書士事務所

行政書士に依頼するには

まず一番の問題は行政書士をどうやって探すかという点でしょう。知り合いに行政書士がいれば何の問題もありません。知り合いの知り合いだろうと、とにかく 身近にいれば頼みやすいですよね。しかしそんなに都合よくいくはずがない場合がほとんどでしょう。身近にいないとなったら、どうやって 探せばいいのでしょうか。

基本的には誰に頼んでもいいのですが、行政書士に限らず士業の人の中には、飛び込みの依頼、一見さんの依頼を受け入れたがらない人 というのは実は結構います。理由は人それぞれですが、あえて素性の分からない人の依頼を受け入れる必要はないという経営方針の事務所も いるのです。

ではどうやって探せばいいでしょうか。通常は、お住まいの地域の行政書士会に紹介してもらう、ハローページで探すなどが考えられます。 行政書士会からの紹介だと言えば少しは受け入れてもらいやすくなるかもしれませんし、ハローページに広告を載せている人は積極的に 知らない人からの依頼でも受け入れるのを前提としているはずです。 それに、ホームページで探すのも手っ取り早いですね。

ホームページを開設しているのであれば、ホームページを見て仕事を依頼してくれるお客さまを受け入れる態勢にあるのは間違いないはずです。もちろん当事務所もどなたからの仕事でも応じる準備はあります。しかし、場合によってはお受けできない 場合もあります。その理由というのは次のようなことです。

どこの行政書士に頼むか?

東京に住んでいる人が行政書士に依頼しようと思えば、おそらくまず東京に事務所を構える行政書士を探しますよね。まず自分の居住場所もしくは会社に近い所を探すのが何かあったときに安心でしょう。あえて遠く 離れた九州や北海道の行政書士に頼もうとは思わないはずです。しかし、依頼しようとする仕事の内容によっては住んでいる所とは違う場所の行政書士に頼んだほうが良い場合があります。

行政書士の仕事の中で、官公署への許可申請を依頼しようとする場合です。官公署というのはたいてい管轄が決まっています。 どこそこに住んでいる人の許可申請はどこの区役所、警察署、税務署に提出しなさいということが決まっている場合がほとんどです。

こういう場合はその管轄にいる行政書士に頼んだ方がいいでしょう。もちろん行政書士は管轄なんてありませんから、東京の行政書士が九州の警察署に申請したって何ら問題ありません。けれど当然かかった交通費はお客様の負担となるわけです。

一方、内容証明や契約書の作成で、実際に行政書士と会って打ち合わせなどをする必要がなければどこの行政書士に頼んでもあまり 問題はありません。依頼者ご本人の確認さえきちんとできれば、たいてい応じてくれます。
どこの行政書士に頼むかは、まず依頼しようと思う内容や報酬額、そして実際に会って行政書士と話ができる方が安心と思うか どうかなどによって決めてください。

行政書士の得意分野

それでは会社のすぐ近くに事務所を置く行政書士がホームページを出しているから、この人に頼もうか、と決めてしまうその前にもう一つ注意点があります。行政書士の仕事の範囲は広範囲に及びます。許可申請一つとってみても、日本全国の様々な行政機関に出す書類はそれこそ何万何十万とあるでしょう。いくつあるかは誰も正確な数は知らないでしょう。

つまり、全ての行政書士が全ての仕事に精通しているわけではありません。たいていの行政書士は自らの得意分野というのがあります。

もちろん行政書士の仕事として代表的な「建設業許可申請」とか「宅建業免許申請」などは、おそらく多くの行政書士ができるはずです。しかし特殊な許可申請や、定型の様式がないもの、つまり遺言書や遺産分割協議書、内容証明の作成などは、やはりその種類の申請を数多くこなしている行政書士に依頼した方がスムーズに進みます。

では、自分が依頼したいと思っていることをその行政書士が得意としているか否かの判断をどうすればよいでしょうか。だいたいの行政書士のホームページには、主な業務内容のような項目が公開されています。

または、例えば私が所属している東京都行政書士会千代田支部のホームページには、千代田支部所属の行政書士が検索できるシステムがあります。そこに各行政書士の主な取り扱い業務という項目があります。それらを参考にして探してみてください。

文字の大きさ
  普通  大きめ



 
サイトポリシー | 特定商取引法に基づく表示   
鈴木行政書士事務所 (東京都行政書士会千代田支部所属)
東京都千代田区紀尾井町3-33 TEL 03(5215)3432
Copyrights © office-suzuki.biz. All rights reserved.