鈴木行政書士事務所

内容証明郵便

行政書士への依頼

内容証明を出すだけであれば、どこの行政書士に依頼しても問題ありません。電話やメールなどでよく打ち合わせをしてください。
内容証明を出した後、相手ともめることが分かっているのなら、最初から弁護士や司法書士に依頼したほうがいいでしょう。

内容証明は、行政書士の他にも弁護士、司法書士も職務範囲になります。それぞれの違いは、内容証明を出した後、裁判所での争いになった場合、弁護士なら無条件に、司法書士なら、その争いの種である物の価格によって、裁判所での代理人になってもらえます。
行政書士は、内容証明を出すだけです。相手と話しくらいはしますが、争いになったら代理人にはなれません。

以上のような違いがあります。その違いは、もちろん報酬の差にもなって現れます。自分が依頼する内容をよく検討して誰に依頼するか決めてください。分からない場合は、まずお気軽に当事務所にご相談ください。

当事務所への依頼
内容にもよりますが、簡単なものなら5千円。法的に高度な内容になると1万円からになります。
例えば、クーリングオフの解除通知だけなら5千円になります。

前のページへ  次のページへ
文字の大きさ
  普通  大きめ



 
サイトポリシー | 特定商取引法に基づく表示   
鈴木行政書士事務所 (東京都行政書士会千代田支部所属)
東京都千代田区紀尾井町3-33 TEL 03(5215)3432
Copyrights © office-suzuki.biz. All rights reserved.