鈴木行政書士事務所

内容証明郵便

内容証明をもらったら

ある日突然、内容証明をもらってしまったら。あまり想像したくありませんが、そういう可能性は誰にでもあるわけです。
もらってしまったら、まず冷静にそれがどういう内容なのかきちんと正確に読みましょう。

まず差出人が弁護士や司法書士、行政書士の名前である場合、それは間違いなく法的な権利関係に関する内容ですので、読まずに放っておくのは得策ではありません。自分で読んでよく分からないようなら、すぐに法律相談などで専門家に相談した方がいいでしょう。

内容に思い当たる点があるのならともかくとして、全く思い当たることがなくても内容証明が来る可能性はあります。知らないうちに自分が誰かの権利関係を犯していることだってあり得ます。

例えば、自分の自転車が誰かに盗まれて、それが誰かの庭先に放置されて、その家の人が自転車に書いてある住所氏名を頼りに撤去しろという内容証明を送りつけてくることだってあり得るわけです。そういう場合、責任の所在はともかく、法的争いに発展する可能性もあるわけですから、きちんと対応するべきでしょう。

前のページへ  次のページへ
文字の大きさ
  普通  大きめ



 
サイトポリシー | 特定商取引法に基づく表示   
鈴木行政書士事務所 (東京都行政書士会千代田支部所属)
東京都千代田区紀尾井町3-33 TEL 03(5215)3432
Copyrights © office-suzuki.biz. All rights reserved.