鈴木行政書士事務所

内容証明郵便

内容証明は何を証明するか

内容証明郵便には、出し方によって2種類あります。普通に手紙の形式で作成して郵便局から差し出すものと、インターネットから出せる「電子内容証明」の2種類です。料金や作成方法に違いがあるだけで、どちらも効力は同じです。

郵便局の窓口で差し出す内容証明郵便の場合、作成した文書をコピーして同じ物を3通もっていきます。すると郵便局の人がポンポンと日付印を押した後、1通を封筒に入れて相手に送り、もう1通を自分の控え用に返してくれて、残った1通を郵便局が保管してくれるのです。つまり郵便局がその内容を証明してくれるわけです。

そして内容証明郵便を出すときは、たいてい配達証明というものも一緒にお願いします。配達証明は、内容証明が確かに宛先の人に配達されたということと、いつ配達されたかということを証明する制度です。

つまり、内容証明と配達証明を一緒に利用すると、「誰が、いつ、誰に、どういう内容の書類を出したか」を郵便局が証明してくれるわけです。

前のページへ  次のページへ
文字の大きさ
  普通  大きめ



 
サイトポリシー | 特定商取引法に基づく表示   
鈴木行政書士事務所 (東京都行政書士会千代田支部所属)
東京都千代田区紀尾井町3-33 TEL 03(5215)3432
Copyrights © office-suzuki.biz. All rights reserved.