鈴木行政書士事務所

古物商許可の申請

古物商許可の種類

古物商許可には2種類あります。
「古物商」「古物市場主」です。古物市場主というのは、古物商同士の売買や交換のための市場を開くための許可であり、自分で売買をするだけなら必要なのは「古物商」許可だけです。

許可申請に必用な書類は各都道府県の公安委員会によっても違いますし、警察署によっても微妙に違います。例えば東京都の場合、警視庁のサイトに必用な書類と説明が掲載されています。申請書も掲載されています。

古物商許可申請手続き(警視庁のサイト)

古物商許可必要書類

古物商許可申請に基本的に必要な書類は上記です。

身分証明書とは、破産者でないことを証明するもので本籍地で取ることができます。破産をしたことのある人は免責が確定してしばらくすれば取ることができるようになります。

登記事項証明書とは、被後見人または被保佐人でないことを証明するもので、東京法務局で取ることができます。

これらの書類の他に、営業場所が賃貸である場合は賃貸借契約書などが必要になります。

古物商の申請には、もう一つ「古物競りあっせん業」というネットオークションに関係する項目があります。ヤフオクで売買をしている人はこれが必要なのかと思われるかもしれませんが、これはインターネットオークションを開催する側に必要なものです。つまりヤフオクで言えば、ヤフーが必要とするもので、出品する側には関係ありません。
この申請は許可申請ではなく届け出制です。つまり許可が出るのを待つ必要はなく、届出をすればそれで済みます。

 

前のページへ  次のページへ

 

相続 / 内容証明 / 会社設立 / 古物商許可 / 遺言書作成 / 供託 / 自己破産
行政書士の仕事 / 行政書士への依頼 / 行政書士試験

文字の大きさ
  普通  大きめ



 
サイトポリシー | 特定商取引法に基づく表示   
鈴木行政書士事務所 (東京都行政書士会千代田支部所属)
東京都千代田区紀尾井町3-33 TEL 03(5215)3432
Copyrights © office-suzuki.biz. All rights reserved.