鈴木行政書士事務所

古物商許可の申請

利益を出す意志

また利益を出すことを目的としているか否かという意志も、問題にされるのは本人の意志ではなく、客観的にそう見えるかどうかということです。いくら本人が「業」ではないと思っていたとしても、行動や資金の流れなどからして「業」であると判断される可能性もあります。

古物商許可を受け付ける窓口は市役所などでなく警察(公安委員会)です。何か問題が起きたときの窓口も警察署です。許可が必要かどうか心配でしたら、きちんと許可を取っておくことをおすすめします。

インターネット・オークションにおける「販売業者」に係るガイドライン

これは経産省が公表している、ネットオークションにおいての「販売業者」とは何かということについてのガイドラインです。詳細については次のサイトをご覧下さい。

「インターネット・オークションにおける「販売業者」に係るガイドライン」の策定について

この条件に合致する人は「販売業者」に該当し、特定商取引法が適用されます。特定商取引法による住所氏名などの広告が義務付けられ、誇大広告の禁止などが適用されます。
そして、古物を扱う場合は、古物商の許可が必要になるわけです。

 

前のページへ  次のページへ

 

 

相続 / 内容証明 / 会社設立 / 古物商許可 / 遺言書作成 / 供託 / 自己破産
行政書士の仕事 / 行政書士への依頼 / 行政書士試験

文字の大きさ
  普通  大きめ



 
サイトポリシー | 特定商取引法に基づく表示   
鈴木行政書士事務所 (東京都行政書士会千代田支部所属)
東京都千代田区紀尾井町3-33 TEL 03(5215)3432
Copyrights © office-suzuki.biz. All rights reserved.