鈴木行政書士事務所

会社を作ろう

設立登記が終わったら

会社の登記が終わったら、とりあえず会社としての仕事ができるようになります。しかし、まだ会社運営のためにやらなければならないことがあります。

1.法人設立届出書を税務署、都道府県税事務所、市区町村役場に提出する。
2.必要であれば青色申告の承認申請書を税務署に提出する。
3.従業員を雇うのであれば、次の手続きが必要です。
   給与支払事務所等の開設届出書を税務署に提出する。
   就業規則を作成する。
   社会保険(厚生年金、健康保険、労働保険)の手続きをする。
   賃金台帳、出勤簿などをそろえる。
4.会社名義の銀行口座を作る。

開業後、多くの設備投資が必要となるような会社の場合、あるいはそうでなくとも市区町村や行政団体から融資が受けられる場合があります。中には返済義務のない融資もありますので、各市区町村の窓口やインターネットで調べてみることをおすすめします。


前のページへ  次のページへ

相続 / 内容証明 / 会社設立 / 古物商許可 / 遺言書作成 / 供託 / 自己破産
行政書士の仕事 / 行政書士への依頼 / 行政書士試験

文字の大きさ
  普通  大きめ



 
サイトポリシー | サイトマップ | 特定商取引法に基づく表示   
鈴木行政書士事務所 (東京都行政書士会千代田支部所属)
東京都千代田区紀尾井町3-33 TEL 03(5215)3432
Copyrights © office-suzuki.biz. All rights reserved.