鈴木行政書士事務所

会社を作ろう

会社設立登記

設立登記は、たしかに慣れない人にとっては大変面倒でややこしい手続きです。ちょっと間違えるとやり直しやら、下手をすると余計な費用がかかってしまうこともあります。
ですが、決して素人でもできないほど難しいものではありません。間違えないように気を付けてやれば必ずできるものです。

会社を作るのに、まず必要なもの。それは前回お話した30万円ほどの金銭。そして、もう一つ絶対必要なのは人です。
起業しようと思った本人が取締役になるのは当然として、それ以外に取締役と監査役をどうするかという問題があります。現在は取締役は1人だけでよく、監査役も必須ではありません。必要なら設ければ良いわけです。

設立登記の流れはだいたい次の通りです。

1.類似商号を調べる

  以前は同じ行政区域内に類似商号があると駄目でしたが、現在は同一の住所地に類似商号がなければよいと改正されました。
  管轄の法務局に行って調べるのが一般的ですが、インターネットでも商号だけなら調査できます。ただし、類似かどうかの判断は微妙な点もあるので、似たような商号があったときは専門家に任せたほうがよいでしょう。

2.目的の適法性を調べる

  会社には目的があります。例えば「飲食店業」「通信販売業」などです。以前はかなり厳格な基準がありましたが、最近はかなり緩和されたようです。しかし登記申請してから目的が認められないとなると定款の作り直しをしなくてはいけなくなりますので、予め法務局で登記官に相談してください。

3.定款を作る

  定款というのは会社の憲法のようなものです。商号、本店、目的といった形式的なものから、株式に関する事項、決算期など会社の基本となる事項が定められています。

4.定款を認証する

  認証するというのは、定款が設立の段階でたしかにそのような内容で存在したということを証明してもらうことです。
  公証役場に定款を持って行って認証してもらいます。行政書士に依頼すれば電子定款にできるため、印紙税4万円が不要になります。

5.出資金を振り込む

  資本金になるはずの出資金を出資者に振り込んでもらいます。この残高証明書や預金通帳のコピーが必要です。


6.会社代表印を作る。


7.登記申請書を作成し、法務局に申請する。

  問題がなければ1〜2週間ほどで登記が完了します。

前のページへ  次のページへ

相続 / 内容証明 / 会社設立 / 古物商許可 / 遺言書作成 / 供託 / 自己破産
行政書士の仕事 / 行政書士への依頼 / 行政書士試験

文字の大きさ
  普通  大きめ



 
サイトポリシー | サイトマップ | 特定商取引法に基づく表示   
鈴木行政書士事務所 (東京都行政書士会千代田支部所属)
東京都千代田区紀尾井町3-33 TEL 03(5215)3432
Copyrights © office-suzuki.biz. All rights reserved.