鈴木行政書士事務所

会社を作ろう

LLP

合同会社に似た組織にLLPと呼ばれるものがあります。有限責任事業組合というもので、平成17年度に新設された制度です。合同会社と同様に社員の有限責任が認められ、機関という概念がなく、小回りの効く組織として少人数の事業に向いていると思われます。

しかし合同会社との最大の違いは、LLPは会社ではないということです。有限責任事業組合という名前の通り「組合」なのです。民法上、組合というのは、複数の人が同じ目的をもって行動することを契約した団体のことです。つまり、会社のように法人という別人格が生じるわけではなく、個人の集まりに過ぎません。
ライブドアが悪用した投資事業組合というのもLLPではありませんが組合です。

LLPの最大の利点は、パススルー制度と言って、組合での収入損失を組合員個人の収入損失と合算できる点です。会社はそんなことはできませんから、これは税金対策上大きなメリットです。
それから、有限責任であるという点も利点です。法人でない団体の借金を個人が肩代わりしないで済むというのは他の制度にはありません。
また、登記をする際の登録免許税は会社に比べてずっと低く抑えられています。

ただし、LLPというのは、株主のように金を出すだけの社員の存在は認められません。組合員は必ず金を出し、必ず組合の目的とする職務をこなさなければなりません。これができていないと、LLPとしての存在は否定され、単なる組合であるとされる可能性があります。その場合、社員は無限責任となってしまいます。

前のページへ  次のページへ

相続 / 内容証明 / 会社設立 / 古物商許可 / 遺言書作成 / 供託 / 自己破産
行政書士の仕事 / 行政書士への依頼 / 行政書士試験

文字の大きさ
  普通  大きめ



 
サイトポリシー | サイトマップ | 特定商取引法に基づく表示   
鈴木行政書士事務所 (東京都行政書士会千代田支部所属)
東京都千代田区紀尾井町3-33 TEL 03(5215)3432
Copyrights © office-suzuki.biz. All rights reserved.