鈴木行政書士事務所

会社を作ろう

どの会社を選択するか

平成17年まであった有限会社は制度がなくなってしまったため、もう設立できません。現在は株式会社、合資会社、合名会社、そして新しくできた制度である合同会社の中から選択することになります。

どの会社組織を選択するかは、どれだけの人がどれだけ会社に協力するか、または会社規模によって決めるといいと思います。中規模以上の組織になるのであれば株式会社が適当でしょう。
問題は資本も少なく、一人もしくは少人数で設立する場合です。合資会社・合名会社にする必要が特にない限り、基本的には株式会社か合同会社を選択するのが現実的だと思われます。

平成18年度に新設された合同会社は、合資会社・合名会社と異なり有限責任になります。有限責任というのは、簡単に言うと会社が倒産した場合に問題になる責任のことです。会社に借金が残った場合、社員が自らが出資した範囲で責任を負う。つまり、会社設立のときに100万円のお金を出資していたとすると、会社が倒産したらその100万円をあきらめれば、それ以上会社の借金を肩代わりする必要がないということです。合資会社・合名会社の無限責任社員は、会社の借金は全て肩代わりしなくてはいけません。株式会社も有限責任です。

では、株式会社と合同会社の違いですが、合同会社には株式と機関という概念がない点が大きく違います。
株式がないということは、株主がいないということで、株主に配当する必要がありません。誰にいくら配当するかしないかは自由に決定できます。
また株主総会という機関がないために、金を出しただけの人から、あれこれ指示を受けることがありません。
取締役や監査役といった機関もないため、社員だけで迅速に自由に意思決定ができます。

前のページへ  次のページへ

相続 / 内容証明 / 会社設立 / 古物商許可 / 遺言書作成 / 供託 / 自己破産
行政書士の仕事 / 行政書士への依頼 / 行政書士試験

文字の大きさ
  普通  大きめ



 
サイトポリシー | サイトマップ | 特定商取引法に基づく表示   
鈴木行政書士事務所 (東京都行政書士会千代田支部所属)
東京都千代田区紀尾井町3-33 TEL 03(5215)3432
Copyrights © office-suzuki.biz. All rights reserved.