鈴木行政書士事務所

自己破産の手続き

破産申立の際の注意点

破産申立をする際の注意点は次のような点などがあげられます。
まず、基本的に借入をした原因がギャンブルや遊びなどでないこと。ギャンブルで作った借金の面倒までは、国はみてくれないということです。ただし、本当に足を洗って一から出直せるという可能性があるのなら、裁判所も少しは大目に見てくれるかもしれません。依頼した弁護士などとよく打ち合わせをしてください。

価値のある資産は処分しなくてはいけないこと。この「価値がある」という基準については裁判所によっても扱いが違いますので一概には言えませんが、要するにその資産が借入金の額に影響を与える程度に価値のあるものかどうかという点が問題です。東京地裁の場合は20万円が基準になっています。だから、例えば自動車を持っていたとしても、中古車業者の査定が20万円以下なら処分しなくてもいいわけです。
これについて一番問題になるのは不動産でしょう。これも考え方は同じで、多額のローンが残っていて売却したら赤字になるのであれば処分する必要はありません。そうでない場合は処分するのが原則ですが、どうしても処分したくなければ、破産申立ではなく個人再生を選択するといいでしょう。
個人再生とは、破産と違って、借金を完全になくしてしまうわけではなく、裁判所の管理の下に計画を立てて返済するというものです。
この辺りのことも依頼した弁護士などとよく相談してください。

家族に内緒で破産したいという方がよくいますが、法律的にはできないわけではありません。しかし、家族の場合、借入金の保証人になっている場合も多いでしょうし、借入金が通常の生活費だったりすると配偶者はその借入金については当然に連帯責任となります。内緒で破産して、あとでばれた場合に、家族間の絆にまで影響しかねません。家族とはよく相談して破産申立をするようにしてください。

また、保証人がいる場合、自分が破産してしまうと、保証人が返済義務を負うことになります。親しい人が保証人の場合などは、その人にきちんと事情を打ち明けて相談するべきでしょう。

前のページへ  

→ ●利息引き直し計算ソフト

相続 / 内容証明 / 会社設立 / 古物商許可 / 遺言書作成 / 供託 / 自己破産
行政書士の仕事 / 行政書士への依頼 / 行政書士試験

文字の大きさ
  普通  大きめ



 
サイトポリシー | 特定商取引法に基づく表示   
鈴木行政書士事務所
東京都千代田区紀尾井町3-33 TEL 03(5215)3432
Copyrights © office-suzuki.biz. All rights reserved.