鈴木行政書士事務所

自己破産の手続き

グレーゾーン金利

グレーゾーン金利とは、利息制限法に定められた利息と出資法に定められている利息とが異なることから生じる利息の差のことです。
利息制限法には、利息は借入額により、15%、18%、20%の3段階の利息が定められています。一方、出資法には、年29.2%を超える利息を定めて契約をしたら刑罰を科すと定められています。この2つの法律の利息の差がグレーゾーン金利として問題になるわけです。

グレーゾーン金利とは、利息制限法に定められた利息と出資法に定められている利息とが異なることから生じる利息の差のことです。

出資法の方は、29.2%の利息を付してもいいとは定めていません。それを超えたら刑罰を科すとしているだけです。だから、金銭の借入契約においては利息制限法の利息が適用されるべきだというのが裁判所の判断です。
ただし、貸金業規制法によって利息制限法の利息を超えていたとしても、借りた人が「任意に」利息を支払ったのであれば、それは有効なものとみなすという規定があります。そのため、金融業者はたいていの場合、このグレーゾーンの中の金利を設定しています。

ところが、最近はサラ金業者による悪質な取り立てが社会問題化し、この「任意に」の部分が厳格に解釈されるようになりました。「任意に」支払ったと認められない場合は、払いすぎた利息を返還請求ができるという扱いになったわけです。

→ ●簡単に利息引き直し計算ができるソフトを作成しました。

前のページへ  次のページへ

 

相続 / 内容証明 / 会社設立 / 古物商許可 / 遺言書作成 / 供託 / 自己破産
行政書士の仕事 / 行政書士への依頼 / 行政書士試験

文字の大きさ
  普通  大きめ



 
サイトポリシー | 特定商取引法に基づく表示   
鈴木行政書士事務所
東京都千代田区紀尾井町3-33 TEL 03(5215)3432
Copyrights © office-suzuki.biz. All rights reserved.